未経験の二十歳女子が1ヶ月で一人前のプログラマーになった話(二十歳のエンジニア)

【朗報】ポンコツせいこ、未経験からプログラマーになる

こんにちは、新卒で入った会社を3週間でやめ、ニートとして人生を謳歌していたポンコツせいこです。

「ニート」の誇りを持っていきてきた私ですが、実はなんと現在は会社員なんです!!!

突然始めた転職活動

1月、「バイトしよう!」と思い立ち、タウンワークか何かでバイトを探し、プレスリリースを代行配信する会社でバイトしていました。その会社の悪いところなんてもちろんなかったのですが、、

「やっぱりアプリ開発がしたいな〜」と思い、Wantedlyで「iOSアプリ」「未経験」で検索。すると、何社かマッチしたので、「話を聞いてみたい」とコンタクトを送ると、2社から連絡をいただくことができました。

「落ちてもいいや〜」とガチで転職活動をしたわけではありませんでしたが、好感を持っていた会社から内定を頂き、5月からプログラマーとして勤務しています!

ポンコツでも信頼は得れる

このブログで幾度となく出てくるワード「ポンコツ」「新卒で入った会社を3週間でやめた」「ニート」を売りにしている私でも、入社1ヶ月で信頼を得られていると感じます。

「こんなダメダメ人間なのに!」と思いますが、かいしゃのえらいひとたちに褒めてもらえるので、認めてもらえているなぁ、と。

社会人の挫折経験があっても関係ない!ずーっと会社に入ってすぐやめてを繰り返しているなら話は別ですが、1回くらい会社をすぐやめちゃってもネックにはなりません。もちろん企業によりますが。?

中途採用の強み

私が今働いている会社は中途で入った方が多いのですが、もちろん新卒入社の方もいます!新卒の人はもちろん社会人1年目。ビジネスマナー研修などの研修期間を経て案件に入るのは入社から2ヶ月後の6月。ですが中途で入った私はと言うと、5月に入社しプログラミング研修、社内の試験を1ヶ月でクリアし、新卒の方と同じ6月から案件にジョイン!

「新卒だから」と括られることなく仕事ができるので、ストレスが少なくて済むように感じます。

まとめ

就活前に自分を見つめて、新卒で入る会社が自分にとって最高なら、それが一番良いことだと思っています。かと言って、それに縛られすぎる必要はないと、私は今回の転職経験で確信しました!

そしてプログラマーになったので、今後はプログラミングのアウトプットもしていきたいと思います!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です